講師紹介

常勤講師:由利(ゆり)
在住:さいたま市北区吉野町

趣味は4歳の息子、6歳の娘と遊ぶこと、そしてもう一つはプログラミングをすることです。

大学で「形のあるもの(物)」と「形のないもの(空間)」が共存した空間造形というメディアアートを専攻し、中学と高校の教員免許(美術)を取得するにあたって「ものづくり教育」に関する研究を行いました。

そして今、教科横断型学習が可能な「ITものづくり」に携わっています。

「IT」と「ものづくり」、これらは一見すると融合が難しいもののようにとらわれがちですが、そんなことはありません。

「ものづくり」を行うツール(道具)に「IT」を用いれば「つくることのできるもの」の可能性が無限大になります。

これは私たちが小学生、中学生のころは考えられないことでした。

この無限大の可能性を持つ「ITものづくり」を用いた教科横断型学習は子供たちの無限大の可能性を引き出すと考えています。

そして、子供たちに指導をするだけでなく、共に議論し、共に「ITものづくり」を楽しむパートナーになることを第一に考えています。